ロシア連邦教育・科学省は高度教育を管轄する。ロシア連邦教育・科学省は学力認定と高等教育機関のライセンシングをします。ロシア連邦教育・科学省は州の教育的な標準を持続します。

ロシアの教育の歴史

18世紀の中ごろにモスクワとサンクトペテルブルグに大学を設立する後で、ロシアの高度教育システムが始ました。そのシステムはドイツのより構成した。ソビエト連邦時に、みんなロシアの人口は中等教育を卒業した。今まで、高度教育の追跡はとても有名です。50%人間以上は高度教育を卒業しています。

学校:

ロシア連邦には、18万石いろいろな学校があります。毎年、3500万の人々総人口の23 %は教育の巻き添えにする。600万人以上は教育の分野を従事する。

ロシアに高度教育:

  • 700以上高度教育機関
  • 1500万の学生
  • 30万のロシアの大学学ぶ外国人学生

高度教育は公立大学と非州立大学に供給させる。高度教育の2レベルがある:

基礎の高度教育: 4 年間の学士号

大学院生の高等教育: 2 年間(学士号の後で): 修士学位

大学院生の高等教育:3年間の哲学博士(修士学位の後で)

修士学位の後で、学生は博士課程を続けることができる:第一のレベルは哲学博士と第二レベルは教授です。

ロシアの高度教育のシステム

 

国際的な専門家はロシアの教育のシステムが世界の最も発達した教育のシステムという。教育のシステムは新しい実在の変形に適合するなければならない(丈夫な品質を保存する)。一方、教育のシステムは長期進化的な改善の段階に適合するなければならない。

ロシア連邦教育・科学省は高度教育を管轄する。ロシア連邦教育・科学省は学力認定と高等教育機関のライセンシングをします。ロシア連邦教育・科学省は州の教育的な標準を持続します.

容認された高度教育機関だけは職業と学園の権利を保証する国立の免状を出す。容認された高度教育機関は教育文書の批准と認識合わせによって国際約束を用いている。容認された高度教育機関だけはロシア連邦の国章の判を使う権利がある。大学資格取得を与える学士は教育機関のタイプ(大学、学士院)と所有パターン(国立大学、公立大学)何があっても均等な身分です。

学年:

学年は91日に始まって6月の末に終わります。学年に春と秋の学期があります。

学期:

調査期間は秋の16週間と春の1516週間がかかります。各の学期 は評価週(コース・テスト、課題考査、コース・プロジェクト)終わります。

試験セッション: 23週間は試験と最後の評価にとって蓄えておく。

ロシアの教育のシステムはキリスト教の影響を受ける。17  世紀の終わりから、ロシアの教育のシステムは教化の影響を受けた。20世紀に、一般教育と専門教育は社会と経済の変化と生来の個々の権利の事実熟考するになったときに、無学がを除去させて,高度教育の接近が広げられて、教育のシステムが創造させた。1980年間の教育のシステムは柔軟でなくて、個々の需要を満たすことができないという考え方がある。

ロシアには、社会政治変化と市場経済の変化が教育のシステムの改善の必要を引き起こす。1993年のロシア連邦の憲法、1992年の教育の連邦法と1996年の改訂は市民の教育の権利が強くして、教育機関に生命の民主化が刺激して、      教育の自由と組織の自治が広げて、教育の人間性が進級させた。先の集中型と統一型システムが取って代わられた。新しいシステムは学生、教師、学界、雇用者の公益を考慮する。非公開大学が早くに発達させている。教育の発達のための連邦プログラムは教育のシテムの革新の激励のために、教育の革新の扶養ためにを設計させた。

近年では、には包括的な変形抜から、ロシア連邦の教育のシステムは国本的な変化を起こす。主要な変化は次のものは:

多様化: 教育機関の新しいタイプの出現、多段階の高度教育のシステムの初輸入 (学士号と修士に加えて)、カリキュラムの深い変化である。

Scroll to top